麦わら細工

麦わら細工の由来

兵庫県伝統的工芸品指定 「麦わら細工」
麦わら細工には長い歴史と伝統があり、今より約300年前、城崎に湯治に来た因州(鳥取県)の半七という旅人が、竹笛やコマなどに色麦わらを貼って宿の軒先で売り、宿料の足しにしたのが始まりと言われています。
その後技術も長足の進歩を見て箱物や絵馬に細工したものもでき、ことに明治に入ってから高名な画家が来遊して下絵を描き、図案を与えて試作させた結果、芸術の香気高い作品が生まれ、 他に類例のない工芸品として好評を 得て参りました。 現在麦わらを染めて桐箱や色紙、独楽、土鈴等に張っています。

麦わら細工の魅力

普遍の輝きを放つ「麦わら細工」の魅力。
大麦のわらを原料とした麦わら細工は使い込むほどに深い味わいを纏います。絹のように滑らかな手触りと上品なつやが飽きのこない風合いを醸し出します。
裸大麦

裸大麦

大麦の一種。
節と節(節間)が長い為、麦わら細工に適している
染め大麦

染め大麦

麦わらを光沢のある美しい色に染め上げている。